目から鱗のヒアルロン酸の話


ヒアルロン酸には、天然と人工があるってご存知でしたか?


人工のものはバイオ製法によって作られています。
◎乳酸菌によるバイオ製法
◎微生物の「ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)によるバイオ製法など

バイオ製品は、健康食品や化粧品に導入が許可されていますが、現在は安全と言われていても5年後、10年後にどのよう影響をもたらすかは、未知数です。人工ヒアルロン酸は大量に製造できるため、現在主流になっていますが、天然の方が安全性が高いと言えます。

天然のヒアルロン酸は、鶏のトサカなどから抽出されています。
天然のヒアルロン酸は、鶏のトサカから特殊な製法で抽出、濃縮した原料(鶏冠抽出物)が使用されています。鶏冠抽出物はコラーゲンを豊富に含んだ、たん白質と複合された「ムコ多糖たん白含有食品」で、天然のヒアルロン酸を5%〜7%含有したものが多いです。(注)、鶏冠抽出物は、ヒアルロン酸ではありませんのでお間違いのないように。

現在、国内で健康食品に使用する天然のヒアルロン酸(鶏冠抽出物)を製造している会社は、
大手食品メーカー、製薬会社など主に下記の4社です。
●キューピー・・・・・・・・・・・・・・・原料名→ヒアルロン酸HA−F (ヒアルロン酸含有量 90〜99%)
●エル・エスコーポレーション・・・原料名→ヒアロコラーゲン (ヒアルロン酸含有量 約5%)
●マルハ・・・・・・・・・・・・・・・・・・原料名→HCP (ヒアルロン酸含有量 約5%)
●アダプトゲン製薬・・・・・・・・・・原料名→ECM・E (ヒアルロン酸含有量 約7%)

国内で市販されている天然ヒアルロン酸原料使用のサプリメントは、ほとんどが上記メーカーの原料が使用されています。※天然ヒアルロン酸原料を製造している会社は、他にも生化学工業などもありますが、健康食品以外の用途に使用されているようですので、ここでは省かせていただきました。また、一部の製品は、韓国、中国産の原料を使用して製品化されているものもあります。

天然のヒアルロン酸では、ヒアルロン酸含有量が圧倒的に多いキューピーの原料(HA−F)がNo.1のシュアを占めています。キューピーは、ヒアルロン酸製造の歴史も古く、実績も高く評価されています。
鶏のトサカ抽出物は、ヒアルロン酸の含有量により価格はピンからキリまであり、安いものでは1kg二万円代〜高含有のものになると、1kg数十万円もします。

ヒアルロン酸製品の含有量表示は嘘・間違いだらけ !

現在、ヒアルロン酸は、ネット上でも数多くの商品が売られていますが、ヒアルロン酸含有量の表示はかなり曖昧で間違った表示、宣伝文がまかり通っています。

(誤った表示・実例)
「1粒に天然ヒアルロン酸 ECM・E120mg含有、1日2粒でも低分子ヒアルロン酸を240mg摂取することができます。・・・」
「商品の成分(1粒中)低分子ヒアルロン酸(ECM・E) 120mg、特許成分の低分子ヒアルロン酸(ECM・E)が1粒中たっぷりと120mg入っています。この量は他のヒアルロン酸商品と比べても含有率はトップクラスだと思います。・・・」

■上記のように宣伝文が掲載されていると、消費者は「ECM・E」という原料がヒアルロン酸だと勘違いしますが、実際には「ECM・E」という原料は、純粋なヒアルロン酸ではなく、コンドロイチン硫酸やコラーゲン、ムコ多糖などを含んでいる鶏のトサカから抽出した物質(鶏冠抽出物)です。この「ECM・E」という物質(鶏冠抽出物)のヒアルロン酸含有量は約7%です。※製造メーカーにて確認済み。

この場合の正しい表示は↓
「1粒にヒアルロン酸含有鶏冠抽出物(ECM・E) 120mg含有、1日2粒で低分子ヒアルロン酸を約16mg摂取することができます。」
つまり、1粒に「ECM・E」 120mg含有の製品を1日2粒摂った場合、「ECM・E」は240mg摂取できますが、ヒアルロン酸は約16mg(ヒアルロン酸含有量7%)しか摂取できません。(注).ヒアルロン酸を240mg摂取できるのではありません。これを混同してはいけません。

鶏冠抽出物は、鶏のトサカから抽出、濃縮した原料で、コラーゲンを豊富に含んだたん白質と複合された「ムコ多糖たん白含有食品」であり、ヒアルロン酸の含有率は全体の5%〜7%のものが多く、鶏冠抽出物=ヒアルロン酸ではありませんので、ここのところをお間違いのないようにしてください。ちなみに、ヒアルロン酸含有量100%に近い鶏冠抽出物はキューピーの原料(HA−F)だけです。
アフィリエイトなどで「ECM・E」含有商品を紹介している人達がたくさん居ますが、「ECM・E」という原料がヒアルロン酸そのものだと思い込んでいる人が多いのではないでしょうか?
上記のような間違った表示、宣伝によって消費者は、「ECM・E」が他の商品とは比べ物にならないくらいヒアルロン酸含有量が多く凄い商品だと誤認し購入している人がたくさんいるのではないかと思われます。事実と違う表示をして販売することは、景品表示法違反に当たるのはもとより、知っていて故意に勘違いさせるように掲載していれば詐欺罪にも当たるということを認識してもらいたいものです。

また、「唯一特許を取得している」など、特許取得のことを強調している宣伝が多く見られますが、鶏冠という天然素材から抽出する方法はそれぞれのメーカーが独自の製法により製造していますので、どのメーカーでも特許(製法)を取得しているのが普通なのです。

今までヒアルロン酸商品は、鶏冠抽出物が○○mg(ヒアルロン酸の含有量は表示しない)のみ表示して販売しているものや、鶏冠抽出物をあたかもヒアルロン酸であるかのように表示して販売しているものが横行していました。※ヒアルロン酸の含有量を表示していない商品は注意が必要です。実際にヒアルロン酸がどれだけ含まれているのかまったく分からないからです。

使用する原料により、含有量に大きな差が !

(例1).1日3粒目安で1袋90粒入り、4,000円の天然原料HCP使用のヒアルロン酸商品があるとします。
1粒に鶏冠抽出物が100mg入っている商品で、1日3粒飲んだ場合、鶏冠抽出物は300mg摂れますが、ヒアルロン酸は15mg(5%で計算)しか摂れません。

(例2).1日3粒目安で1袋90粒入り、4,000円のキューピー製天然原料HA−F使用のヒアルロン酸商品があるとします。
1粒に鶏冠抽出物が100mg入っている商品で、1日3粒飲んだ場合、ヒアルロン酸を294mg(98%で計算した場合)も摂れます。




inserted by FC2 system